64が映画化!横山秀夫作品原作のあらすじやキャスト・公開日はいつ?

Sponsored Link

64 映画 横山秀夫 原作 あらすじ キャスト 公開日

64が映画化!横山秀夫作品原作のあらすじやキャスト・公開日はいつ?

横山秀夫さんのミステリー『64(ロクヨン)』
映画化されることになったようです。

横山秀夫さん原作の映画『64(ロクヨン)』
あらすじやキャスト、公開日について
お届けします。


Sponsored link




横山秀夫さん作品『64』とは?




昭和64年に起きた、地方県警史上最悪の
誘拐殺害事件をめぐるミステリー小説。

広報官である主人公の三上義信と
マスコミ各社の県警担当記者との衝突。

刑事部と警務部の全面戦争や
マスコミとの紛争、そこに家族の問題が
絡み合い、別の事件に巻き込まれていく
作品です。




2013年「このミステリーがすごい!」
年間1位と大人気の『64(ロクヨン)』。



2010年頃、8割~9割ほど出来上がっていた
『64(ロクヨン)』を読み返した時、
納得がいかなかったために
「出せない」と担当者に連絡したという
横山秀夫さん。



もう発売日も決まっていたので、
「出せない」なんて絶対にあり得ないこと
なんですが、しばらく無言だった担当者は
「わかりました」と言ったそうです。



その時、横山秀夫さんは
自分勝手な人間だと反省したそうですが
絶対に出さないつもりでいたそうですよ。




その後、書き直すのに、3~4ヵ月ぐらい
1行も書けなかった時もあったそうですが
2012年『64(ロクヨン)』は刊行されました。


書上げた時は嬉しかったそうです。









横山秀夫さん原作映画『64』公開日はいつ?




横山秀夫さんの小説「64」を原作とした
映画『64-ロクヨン-』の公開日は

2016年、全国東宝系にて公開予定です。




詳細がわかり次第お届けしますね。









横山秀夫原作映画『64』のあらすじ




映画『64-ロクヨン-』は前編・後編の2部作で
構成されています。




昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件、
通称「ロクヨン」は、未解決のまま
14年が過ぎ時効が近づいていた。


現在、警務部広報室の広報官を務める
主人公・三上義信は「ロクヨン」の
捜査をしていた刑事。

平成14年、「ロクヨン」と似たような
誘拐事件が発生する。











横山秀夫原作映画『64』キャスト




主人公・三上義信 : 佐藤浩市さん


 警務部広報室の広報官
 「ロクヨン」を捜査していた元刑事



横山秀夫さんの作品「クライマーズ・ハイ」で
主演を務めたことのある佐藤浩市さんですが、
横山秀夫さんの作品での映画の主演は
初めてなんだそうですよ。





広報室係長・諏訪 : 綾野剛さん

 三上の部下の広報室の警察官




関連記事 
綾野剛と多部未華子 映画『ピース オブ ケイク』初共演!【画像】





美雲 : 榮倉奈々さん 

 三上の部下の広報室の警察官




秋川 : 瑛太さん

 広報室と対立する記者クラブの東洋新聞キャップ




松岡勝俊 : 三浦友和さん

 刑事だった三上の当時の上司 
 ロクヨンの捜査に携わった捜査一課長




雨宮芳男 : 永瀬正敏さん

 ロクヨン事件の被害者父親
 事件の捜査を通じて警察に不信感を抱く





幸田一樹 : 吉岡秀隆さん

 ロクヨン事件の半年後に辞職した元ロクヨン自宅班





二渡真治 : 仲村トオルさん

 三上とは警察学校の同期
 警務課調査官




その他に、椎名桔平さん、滝藤賢一さん、
奥田瑛二さん、夏川結衣さん、緒形直人さん、
窪田正孝さん など豪華なキャスト陣が
集結しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


六 − = 2

ページ上部へ戻る