羽生結弦選手が特注のカスタムIEMを購入したイヤホン専門店は?

Sponsored Link

羽生結弦選手 特注 カスタムIEM イヤホン専門店 (3)



羽生結弦選手は試合前何か音楽を聴いて
集中力を高めていますよね。

羽生結弦選手が使用している
「カスタムIEM」の特注のイヤホンが
話題になっているようです。

あわせて、羽生結弦選手が「カスタムIEM」を
購入したイヤホン専門店を紹介しますね。


Sponsored link




生結弦選手が特注したイヤホン「カスタムIEM」って何?




羽生結弦選手が購入した「カスタムIEM」と
呼ばれるイヤホンに注目が集まっているようです。


いったいどんなイヤホンなのでしょうか?



「カスタムIEM」というのは
耳の中にぴったり収まるタイプの
イヤホンなのだそうです。


ちなみに、IEMというのは
「イン・イヤー・モニター」の略なんだそうです。


以前は、プロのミュージシャンの間で
広く使われていたイヤホンだそうですが
最近になって、アスリート選手の使用も増えて、
認知度も上がってきたのだそうです。



「カスタムIEM」は耳の中にぴったり収まるタイプの
イヤホンなので、オーダーメイドになるそうです。


1人1人の耳の型を取って作るのだそうですよ。



イヤホンを耳の型を取って作るだなんて
初めて聞きました。


世界に1つだけのイヤホンなんですね。


価格は安くて4万円くらいなのだそうです。

高いものは数十万円という一般人には手が出ない
価格なんだそうですよ。




羽生結弦選手が購入したイヤホンは、

『FitEar MH335DW』


羽生結弦選手 特注 カスタムIEM イヤホン専門店 (2)


本体価格は、約18万円。


それにカスタマイズ料4万円がプラスされて
合計金額が約22万円也!



羽生結弦選手が購入したのは
このイヤホンに羽根のようなデザインと
「Y」の文字入れたオリジナルなんだそうです。



イヤホンの金額にもビックリですし
こだわりますねぇ…羽生結弦選手。


やっぱり音の聞こえも違うのでしょうかね?









生結弦選手が購入したイヤホン専門店はどこ?




2014年7月17日にあるイヤホン専門店を
訪れた羽生結弦選手。



ここで「カスタムIEM」の「FitEar MH335DW」と
「iriver AK120II」を注文したんだそうです。



「カスタムIEM」の「FitEar MH335DW」は
先ほど紹介しましたが、「iriver AK120II」を
簡単に説明すると、韓国の企業が販売している
デジタルオーディオプレイヤーなのだそうです。



気になるのは、羽生結弦選手が訪れたお店ですね。


「e☆イヤホン」秋葉原店


〒101-0021
東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル4F

JR各線 秋葉原駅より徒歩5分
地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩2分


羽生結弦選手 特注 カスタムIEM イヤホン専門店




秋葉原の中でも品揃えは抜群なんだそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


五 − 1 =

ページ上部へ戻る