スカッシュが東京オリンピックの候補に!松井千夏も期待大!

Sponsored Link

スカッシュ 東京 オリンピック 候補 松井千夏



2020年に開催される東京オリンピックで
野球とソフトボールの復活の可能性が大きいと
話題になっていますね。

同時に、空手やスカッシュ
期待されているようです。

今回は、スカッシュという競技を
取り上げてみたいと思います。


Sponsored link



カッシュが東京オリンピックの候補に!



オリンピックの開催地に、
実施種目の追加を提案できる権利が
国際オリンピック委員会(IOC)で
認められましたね。



そのため、2008年北京オリンピック以来
3大会ぶりに男子の野球と女子のソフトボールの
復活が期待されているんです。


同時に過去にも候補に挙がった
空手とスカッシュにも期待が寄せられているようです。




しかし、追加提案できるのは、
「1ないし複数の競技」と言われています。



なんだかはっきりしませんね…。



そのため、施設が充実していて
ファンの多い野球とソフトボール
有力のようですね。



次いで、世界での愛好者が1億人とされている
空手も優勢のようです。




スカッシュの愛好者は、世界185ヶ国で
約2000万人とも言われ、

徐々に競技人口も増えているのですが、
まだまだ知名度が低いので厳しい状況のようです。




スカッシュは過去に3度の挑戦で
あと1歩のところで五輪競技入りを
逃してきています。


東京オリンピックでも期待はあるものの
スカッシュの日本協会会長は
少々弱気のようなんです。



早ければ来年7月のIOC総会で正式に追加競技が
決まります。

今後の経過に注目ですね。








カッシュ選手の松井千夏も期待大!




まだまだ知名度が低いスカッシュ。


そんなスカッシュを10年以上もの間
引っ張ってきた選手がいるんです。


左利き、バンダナがトレードマークの
「美人アスリート」松井千夏選手です。


スカッシュ 東京 オリンピック 候補 松井千夏 (2)




今まで松井千夏選手はスカッシュが
オリンピック競技になってほしいという思いで
活動されていました。




2020年の東京五輪の追加1競技の最終候補に残った
スカッシュ。


松井千夏選手は、
ヨーロッパを中心に密かに事前活動を展開。


プレゼンテーション映像を作って
メディアに対してアピール。


ツイッターやフェイスブックで、
スカッシュを世界中にアピール。


日本でも、新国立競技場にスカッシュのコートを!
署名運動も行っていました。



そして、2013年9月に国際オリンピック委員会の審議で、
正式競技に採用されたのはレスリングでした。


松井千夏選手は泣き崩れていましたね。



今回スカッシュが五輪競技入り出来る可能性が
出てきて、希望が見えてきた松井千夏選手。

2020年には、43歳になる松井千夏選手ですが
彼女の挑戦はまだまだこれからのようですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


四 × = 28

ページ上部へ戻る