映画『夫婦フーフー日記』キャストやあらすじ・原作や公開日情報!

Sponsored Link

映画 夫婦フーフー日記 キャスト あらすじ 原作 公開日


ある夫婦のブログから生まれた物語
映画『夫婦フーフー日記』。


笑いあり、涙ありのドタバタ劇のようですよ。


そんな映画『夫婦フーフー日記』の
キャスト、あらすじ、原作、公開日を
お届けしますね。


Sponsored link




画『夫婦フーフー日記』の公開日



映画『夫婦フーフー日記』は

2015年5月30日、新宿ピカデリーほか
全国にて公開です!





画『夫婦フーフー日記』の原作は?




映画『夫婦フーフー日記』の原作は
2011年に小学館より出版された
がんフーフー日記」です。


この本は、ライターの清水浩司さんとその妻の
闘病ブログ「川崎フーフ」が元になっています。



ブログ「川崎フーフ」は、
夫婦の育児と闘病生活の記録、
手術前日から友人たちへのメッセージなどが
綴られています。



2010年7月に清水浩司さんの妻が他界され、
2011年に闘病ブログ「川崎フーフ」が
書籍化されました。



2012年3月にはNHK BSプレミアム・ドキュメンタリードラマ
「ヨメとダンナの493日~おもろい夫婦の「がんフーフー日記」~」
として放映もされています。







画『夫婦フーフー日記』のあらすじは?




17年目で結婚した2人が妊娠・出産と
幸せの絶頂だったときに妻・ユーコに
悪性のガンが見つかります。


最愛の妻に先立たれた旦那・コウタは、
残された子供の世話と
仕事に現実逃避してしまいます。


そんなコウタの前に突然他界したはずのユーコが現れ、
夫婦で過ごした日々を振り返るストーリーです。


映画 夫婦フーフー日記 キャスト あらすじ 原作 公開日 (3)




なんだか、ジーンと感動するストーリーと
思えるのですが、感動だけではないようです。


クスッと笑える場面もあるようで、
笑って泣ける映画のようですよ。



もしかしたら、マンネリ化してしまった夫婦に
お勧めの映画かもしれませんね。






画『夫婦フーフー日記』のキャストは?




旦那・清水浩太:佐々木蔵之介さん

 作家志望の音楽系編集者
 優柔不断




嫁・清水優子:永作博美さん

 本が大好きな元書店員




関連記事
永作博美はエラが張っててもかわいいけど年齢は?昔のリボン画像





息子・ペー





並樹史朗さん

 優子の父親




梅沢昌代さん

 優子の母親




高橋周平さん

 優子の弟、空気が読めない





大石吾朗さん

 浩太の父親




吉本選江さん

 浩太の母親




佐藤:宇野祥平さん

 浩太と優子の友人




山下:小市慢太郎さん

 浩太の職場の上司




ケーゾー:杉本哲太さん

 バーを経営している、兄貴的存在




エリ:佐藤仁美さん

 優子の親友




夫婦の大切さが身にしみてわかる
映画かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 4 = 二

ページ上部へ戻る