五十嵐陽向は「とんび」の天才子役だった!出演CMやドラマを紹介!

Sponsored Link

五十嵐陽向 とんび 子役 CM ドラマ

子役で活躍中の五十嵐陽向くんをご存知ですか?

さまざまなドラマに出演していて
かわいい、演技が上手いと
話題の子役さんなんですよ。


気になる五十嵐陽向くんが
出演していたドラマやCMを
調べてみました。


Sponsored link




五十嵐陽向くんは「とんび」の天才子役だった!




現在5歳の五十嵐陽向くんは
2013年1月 ~ 3月までTBSで放送されていた
日曜劇場「とんび」に出演していました。


当時、五十嵐陽向くんは3歳。



五十嵐陽向くんが演じていたのは
内野聖陽さんが演じる
主人公・市川安男の息子、旭(アキラ)です。


佐藤健さん演じる旭の3歳を
演じていました。



お父さんとお母さんのことを
「おとしゃん、おかしゃん。」と呼んでいた
五十嵐陽向くんが演じていた旭。


ほんとに、ほんとにかわいかったですよね。


五十嵐陽向 とんび 子役 CM ドラマ (2)




ご存知でしたか?

普通ドラマでは3歳を演じる子役は
5歳くらいの子に演じさせるのだそうですよ。


いや~…知りませんでした。



しかし、アキラを演じた五十嵐陽向くんは
アキラと同じ3歳。


3歳の子がセリフを憶えて演技をするなんて
奇跡としかいいようがありません。




五十嵐陽向くんは言葉を覚えたのも早かったらしく、
自然に言葉が頭に入ってしまう感じなんだそうですよ。



芸能界に入ったのは9ヶ月の頃だった
五十嵐陽向くん。


2歳の頃から子役として活動しているそうです。



セリフも覚え、撮影が始まると役に
すっと入ってしまうのだそうです。


天才的な素質があるのかもしれませんね。


将来がとても楽しみな
とてもかわいい、天才子役・五十嵐陽向くんですね。




関連記事
とんびの子役・寺田心は明日ママがいない・ニッパチ役!かわいい画像!





五十嵐陽向くん出演CMやドラマを紹介!



9ヶ月の頃に芸能界入りした五十嵐陽向くんの
初めてのお仕事は、1歳後半のとき出演した
『こどもちゃれんじ』のDVDなんだそうです。



CMの出演は、

・ユニ・チャーム トレパンマン 「行けたね!篇」(2013年)

・ENEOS 「ENEOSの魔法使い 篇」(2014年)




たくさんのテレビドラマに出演している
五十嵐陽向くんですが、代表作品は、


・日曜劇場とんび(2013年) – アキラ(3歳) 役

・スターマン・この星の恋(2013年) – 宇野俊 役

・明日、ママがいない 第1話 – 第7話(2014年) – パチ 役

・ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第2話(2014年)
                        – 長澤裕希 役


そして11月20日から放送の「ママとパパが生きる理由」で
主人公の息子役で出演します。


五十嵐陽向 とんび 子役 CM ドラマ (3)




ドラマ「スターマン・この星の恋」では
五十嵐陽向くんがかわいい!、癒される!と
話題になっていましたよね。


日曜劇場「とんび」で注目され
ドラマ「スターマン・この星の恋」で
さらに知名度アップになったと思いますよ。


今後の五十嵐陽向くんの成長を
見守っていきたいですね。


五十嵐陽向が出演する新ドラマ「ママとパパが生きる理由」はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 三 = 4

ページ上部へ戻る